HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2012年度審議課題  >  第103回委員会審議平成24年8月6日:審議内容

第103回委員会審議平成24年8月6日:審議内容

申請者 東京医療保健大学大学院 看護学研究科 大学院生 大塚 美幸
R12-016 高齢者せん妄患者に対する看護実践の過程
研究の概要 せん妄患者に対する看護実践の過程を明らかにし、新しい知見を得ることにより、看護実践を高めていくことを目的とする。
判定 条件付き承認 説明文書、同意書、同意撤回書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 循環器科 医員 池上 幸憲
R12-026 PCI-Stent後の至適薬剤を検証する前向き無作為化研究
研究の概要 薬剤溶出性ステントによるカテーテル治療を受けた虚血性心疾患の予後の改善及び二次予防において、日本人ではCa拮抗薬とβ遮断薬のどちらにより有用性が高いのかを前向きの多施設無作為化比較研究を用いて検証することが目的である。
判定 条件付き承認 計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。
申請者 精神科 医員 船木 桂
R12-035 うつ病患者における非定型抗精神病薬による代謝系副作用の検討:横断研究
研究の概要 うつ病に対する非定型抗精神病薬による増強療法に伴う代謝系副作用を明確にすることを目的に、代謝系パラメータや臨床症状、背生活の質、服薬青ヒアランスを調べる横断的調査を行う。
判定 条件付き承認 申請書、計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 総合内科 医長 鄭 東孝
R12-037 保存的治療に反応しない乳び胸の精査
研究の概要 経口摂取した123-I-BMIPPが小腸から吸収され、トリグリセリド及びリン脂質への再合成、カイロミクロンの生成を経てリンパ管に流入し、さらに胸管に至る経路を123-I-BMIPPの放射性医薬品としての性質を利用して描出することが目的です。
判定 条件付き承認 申請書、計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

このページのTOPへ