HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2012年度審議課題  >  第100回委員会審議平成24年5月7日:審議内容

第100回委員会審議平成24年5月7日:審議内容

申請者 消化器科 医長 高橋 正彦
R12-001 「病態別の患者の実態把握のための調査及び肝炎患者の病態に即した相談に対応できる相談員育成のための研修プログラム策定に関する研究」のための肝臓病患者の病態と生活の調査
研究の概要 B型、C型肝炎ウイルスに起因する慢性肝炎、肝硬変、肝がんの患者の実態を把握し、さらに、これらの患者の所得等の水準の実態把握を行い病態別の患者に行うべき医療内容等を考慮し、各患者固有のニーズにできるだけ即した形で適切にアドバイスできる相談員等育成のため。
判定 迅速審査承認 全員一致で了承された。

 

申請者 血液内科 医長 矢野 尊啓
R12-008 高齢者びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫/バーキットリンパ腫中間型およびバーキットリンパ腫に対するR-EPOCH療法の第?相臨床試験計画書(EPOCH-BL)
研究の概要 未治療のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫/バーキットリンパ腫中間型(B-cell lymphoma,unclassifiable,whth features intermediate between diffuse large B-cell lymphoma and Burkitt lymphoma:intermediate DLBCL/BL)およびバーキットリンパ腫(Burkitt lymphoma:BL)に対するR-EPOCH療法のおよび有効性と安全性を検討する。
判定 条件付き承認 説明文書等の修正を条件に承認された。

このページのTOPへ