HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2012年度審議課題  >  第99回委員会審議平成24年4月2日:審議内容

第99回委員会審議平成24年4月2日:審議内容

申請者 血液内科 医長 矢野 尊啓
R12-002 血管免疫芽球性T細胞リンパ腫に対するステロイド維持療法の有用性の検討
研究の概要 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫(Angioimmunoblastic T cell lymphoma ; AITL)に罹患した20歳以上85歳以下の患者を対象として画一的にCHOP療法1コース投与後にステロイド維持療法を施行し、治療を受けた患者のみを前向きに観察してその有用性を検討する。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 消化器科 医師 西澤 俊宏
R12-003 PPI抵抗性機能性ディスペプシアに対する六君子湯の有効性・安全性の科学的エビデンスを創出するための二重盲検無作為化プラセボ対象比較試験
研究の概要 六君子湯のPPI抵抗性FDに対する有効性と安全性についての多施設共同二重盲検無作為化プラセボ対照比較試験を施行する。さらにどのようなタイプのFD(食後愁訴症候群、心窩部痛症候群、あるいは両者;H.pylori陽性群、陰性群)に有効性があるかも検討する。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 泌尿器科 医師 本郷 周
R12-004 急性前立腺炎における重症化予測フローチャートの作成
研究の概要 急性前立腺炎の重症例と非重症例とを比較、検討し重症化予測の為のアルゴリズムを作成し、その妥当性を検証することを目的としている。
判定

迅速審査承認

全員一致で了承された。

 

申請者 泌尿器科 医師 本郷 周
R12-005 急性精巣上体炎における重症化予測フローチャートの作成
研究の概要 急性精巣上体炎の重症例と非重症例とを比較、検討し重症化予測の為のアルゴリズムを作成し、その妥当性を検証することを目的としている。
判定 迅速審査承認 全員一致で了承された。

 

申請者 膠原病内科 医長 大島 久二
R12-006 IgG4陽性細胞算定のための免疫組織染色法の検討
研究の概要 組織中の形質細胞におけるIgG4陽性細胞のIgG陽性細胞に対する百分率(IgG4陽性細胞率)を正確に算定するための免疫組織染色法を明らかにする。
判定 条件付き承認 掲示文書の修正を条件に承認された。

このページのTOPへ