HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2011年度審議課題  >  第95回委員会審議平成23年11月7日:審議内容

第95回委員会審議平成23年11月7日:審議内容

迅速審査報告 R11-052
申請者 7階A病棟 看護師 遠山 梓
排泄援助を受ける患者の思いとそれに対する看護ニーズ
研究の概要 日々の援助の中で、患者が求めているいるような援助が私たちに行えているのか、援助を受けている患者は日々どのような思いを感じているのかという疑問を抱きながら援助を行っていたため、援助を受ける患者の思いを明らかにするとともに看護師に求められていることはどのようなことなのかを調査する。これにより、本研究で明らかになったことをもとにより排泄援助につなげていきたいと考えた。
判定 迅速審査
条件付き承認
申請書、計画書、説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R11-053
申請者 2階A病棟 看護師 山中 優美
脳神経疾患患者における胃管カテーテル自己抜去と看護師の関わり
研究の概要 脳神経疾患患者における胃管カテーテル自己抜去時の状況自己抜去の要因に関する看護師の認識・行動を明らかにし、自己抜去防止のための看護実践への示唆を得ることを目的とする。
判定 迅速審査
条件付き承認
申請書、掲示文書等の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R11-054
申請者 栄養管理室 栄養管理室長 調所 勝弘
「チーム医療推進における管理栄養士の関わりの重要性及び病棟への管理栄養士の適正配置に関する調査研究」に関わるアンケート実施
研究の概要 厚生労働省(厚生労働省医政局医事課)が実施する「平成23年度チーム医療実証事業」に焦点を合わせた解析を行い、この解析結果から医療サービスの安全性・効果等を実証し、さらに患者満足度も考慮して、栄養管理士の適正配置につなげることを目的とする。
判定 迅速審査
条件付き承認
申請書、説明文書、アンケート等の修正を条件に承認された。

 

申請者 血液内科 医長 矢野 尊啓
R11-057 好中球減少症に持続性発熱を併発した患者に対する経験的抗真菌治療におけるイトラコナゾール注射剤とアムホテリシンBリポソーム製剤の多施設共同前向き無作為化比較試験 ILEAN study
研究の概要 好中球減少時に広域抗菌薬不応な発熱を併発した造血器悪性腫瘍性疾患例(急性白血病、慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形性症候群など)に対し、経験的抗真菌治療としてのイトラコナゾール注射剤の安全性と有効性について、標準的に用いられているアムホテリシンBリポソーム製剤と前向き無作為比較試験により検証する。
判定 条件付き承認 申請書、説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 血液内科 医長 上野 博則
R11-058 ダサチニブによる慢性期慢性骨髄性白血病の分子遺伝学的完全寛解導入臨床試験
研究の概要 フィラデルフィア染色体(Ph)陽性慢性期慢性骨髄性白血病(chronic phase chronic myloid leukemia:CP-CML)におけるダサチニブ水和物(以下ダサチニブと略す)治療による分子遺伝学的完全寛解(complete molecular response:CMR)到達を検討する。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 外科 医師 徳山 丞
R11-059 前治療歴を有するHER2強陽性(IHC3+または、IHC2+かつFISH+)進行・再発胃癌症例を対象とするトラスツズマブ/パクリタキセル併用療法-第?相試験-
研究の概要 前治療歴を有するHER2強陽性(IHC3+または、IHC2+かつFISH+)進行・再発胃癌症例を対象とするトラスツマブ/パクリタキセル併用療法の有効性と安全性を確認する。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 外科 医師 徳山 丞
R11-060 治癒切除不能な進行・再発胃癌症例におけるHER2の検討-観察研究
研究の概要 本邦の治癒切除不能な進行・再発胃癌症例を対象とし、HER2陽性率およびHER2陽性と関連する各種背景因子との関連を検討する。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R11-061
申請者 9階B病棟 看護師 中村 亜季子
終末期に一時帰宅するための要因の分析〜過去の事例を振り返って〜
研究の概要 過去の事例を振り返り、一時帰宅を阻害する要因を見つけ出すことによって、今後どうしたら一時帰宅ができるようになるか検討する。
判定 迅速審査
条件付き承認
掲示文書の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R11-062
申請者 聴覚障害研究室 室長 松永 達雄
「難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究」について遺伝子解析手法・解析対象遺伝子・共同研究機関・研究期間の追加・変更および説明文書・同意書の内容変更
研究の概要 既に承認された研究で、遺伝子解析手法・解析対象遺伝子・共同研究機関・研究期間の追加・変更および説明書・同意書の内容変更の為
判定 迅速審査
条件付き承認
説明文書の修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ