HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2011年度審議課題  >  第90回委員会審議平成23年6月6日:審議内容

第90回委員会審議平成23年6月6日:審議内容

申請者 分子細胞生物学研究部 部長 岩田 岳
R11-003 脈絡膜新生血管関連遺伝子に関する研究
研究の概要 本研究では、疫学的規模(>1000人)の検体数を用いた解析と、最新の統計学的手法により症例−対照研究を行い、従来の方法と一線を画した多因子疾患発症の遺伝的寄与の同定を目的とする。さらに臨床データを活用し、疾患亜分類と関連のある遺伝子多型の同定、治療への反応性と関連のある遺伝子多型の同定を目指す。
判定 遺伝子
承認
全員一致で了承された。

 

申請者 聴覚平衡覚研究部 部長 藤井 正人
R11-006 International Study of the HPV-etiologic fraction for head and neck cancers:Retrospective Pilot Study
研究の概要 全世界20ヵ国から検体を集めて一箇所で検査を行うことで国際的に統一されたデータを得る事が目的となります。その前段階として、HPV感染によって発症する子宮頚がんの検体を集積して検査を行いHPV検出の可否を検討する。
判定 条件付き承認 申請書、掲示文書の修正を条件に承認された。

 

 

申請者 呼吸器科 医長 小山田 吉孝
R11-007 日本人の慢性閉塞性肺疾患とその併存症に関する調査研究
研究の概要 調査機関として関東地区の地域基幹病院からクリニックまで幅広い医療機関を加え、COPD併存症の実態とそれによる患者のQOL・予後への影響について、より包括的・継続的な調査を行うことを目的とする。
判定 遺伝子
条件付き承認
申請書、計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R11-012
申請者 外科 医長 大石 崇
治癒切除結腸癌(Stage?)を対象としたフッ化ピリミジン系薬剤を用いた術後補助化学療法の個別化治療に関するコホート研究(期間延長申請)
研究の概要 以前承認された研究で、研究期間の延長申請の為(R09-010)
判定 承認 全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ