HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2010年度審議課題  >  第81回委員会審議平成22年7月5日:審議内容

第81回委員会審議平成22年7月5日:審議内容

申請者 病棟診療部長 田中 伸
R10-028 消化器がん疾患のスクリーニング検査としての尿3-ヒドロキシプロリン含有ペプチド測定の有用性に関する研究
研究の概要 この検査法は消化器がんに限定するものではないが、第一段階として消化器がんを対象とし、本研究では、大腸癌、胃癌、肝癌、膵臓癌、胆道癌などの診断確定した症例、それらの対照となる性、年齢がマッチした良性疾患の患者さんについて測定し、本検査法の有用性を消化器内科の臨床の立場から詳細に研究する。
判定 条件付き承認 計画書、説明文書、の修正を条件に承認した。

 

申請者 臨床研究センター 政策医療企画研究部 臨床疫学研究室 研究員 丹野 清美
R10-029 「DPCにおける同一診断群内の診療行為のばらつきに関する研究」
研究の概要 DPCにおける研究は病院間の比較といった報告はあるが、一病院内においての報告はまだ少なく、診療費が患者と医師の意識等の指標との因果関係を示した研究は、国内において報告がほとんどない。この関係が実証されることにより、医療の質を保つための人的、システム的な要素を提言する事ができると考えられる。
判定 条件付き承認 掲示文書の修正を条件に承認した。

 

迅速審査報告 R10-027
申請者 形成外科 医長 落合 博子
日本形成外科学会疾患登録システム
研究の概要 日本形成外科学会に関連する医育施設における形成外科関連疾患の取り扱い頻度とその治療の実態を明らかにすることにより、これらの疾患に対する診療・教育・研究の質向上に貢献することを目的とする。
判定 承認/td> 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R10-031
申請者 血液内科 医員 大島 久二
国立病院機構におけるClostridium difficile 関連下痢症の発生状況と発生予防に関する研究
研究の概要 国立病院機構内でのCDADの発生状況と感染予防対策の実施状況を調査し、更に感染予防対策の差、医療内容、栄養状態などの患者自身の要因などがCDADの発症や重症化にどう影響するかを検討することを目的とする。
判定 承認/td> 全員一致で了承した。

 

このページのTOPへ