HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2010年度審議課題  >  第80回委員会審議平成22年6月7日:審議内容

第80回委員会審議平成22年6月7日:審議内容

申請者 消化器科 医員 西澤 俊宏
R10-019 ヘリコバクター・ピロリ耐性菌サーベイランス
研究の概要 日本ヘリコバクター学会は、今後の二次除菌治療とともに耐性菌のモニタリングが必須と考え、耐性菌サーベイランスを再開することを決定した。H.pylori耐性菌サーベイランス委員会では、全国から各年度に新しく分離された菌株を収集し、集中測定施設に郵送し、培養・感受性試験を実施し、解析を行う予定である。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 聴覚・平衡覚研究部 部長 藤井 正人
R10-021 根治切除不能な頭頸部扁平上皮癌に対するS-1+CCDPを同時併用する化学放射線治療法の第?相試験
研究の概要 根治切除不能な局所進行頭頸部扁平上皮癌を対象に、S-1とCisplatin(CDDP)の両薬剤と、放射線照射同時併用療法の有効性安全性を評価する。
判定 承認 全員一致で承認された。

 

申請者 視覚研究部 部長 山田 昌和
R10-022 ドライアイ患者涙液の生化学的解析に関する研究
研究の概要 正常者とドライアイ患者の涙液中蛋白成分、脂質成分の網羅的な解析により、涙液のどの成分が病態形成に関与しているかを解析し、病態の解析や新しい治療法の開発につなげていくことを目的とする。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 耳鼻咽喉科 医員 羽生 昇
R09-074 嚥下摂食障害患者に対する嚥下内視鏡検査の予後因子に関する臨床研究
研究の概要 嚥下障害患者に行った嚥下内視鏡検査で得られた検査所見が、予後因子としての肺炎の発症、経口摂取の改善度、の可能性を考える際の新たな指標となりうるかを検証する。
判定 条件付き承認 質問用紙等の修正を条件に承認された。

 

申請者 視覚研究部 部長 山田 昌和
R10-023 涙液浸透圧測定置によるドライアイ検査
研究の概要 涙液浸透圧測定のドライアイの診断や病態解析の手段としての有用性について検討する事を目的とする。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 視覚研究部 部長 山田 昌和
R10-024 眼手術周術期の抗凝固薬、抗血小板薬休薬による眼合併症、全身合併症に関する研究
研究の概要 多数の臨床例を基に、白内障以外の眼手術による周術期の抗凝固薬、抗血小薬の継続・休薬双方のリスクを眼合併症、全身合併症の両面から検討することであり、一定の評価基準が示されれば、眼手術の種類別の周術期抗凝固療法についての我が国におけるガイドラインとなりうると考えられる。
判定 条件付き承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 整形外科 医長 高橋 正彦
R10-025 整形外科外来の脊椎関連慢性疼痛患者における神経障害性疼痛有病率に関する調査
研究の概要 整形外科領域の医療施設を受診する脊椎関連慢性疼痛患者のどの程度の割合が神経障害性疼痛患者であるかを調査し、疾患の啓発および適切な診断を行うための基礎資料とする。また、あわせて脊椎関連慢性疼痛患者のQuality of Life がどのように障害されているかを調査する。
判定 条件付き承認 説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R10-020
申請者 聴覚・平衡覚研究部 部長 藤井 正人
感音難聴における酸化ストレス・抗酸化力に関する検討(期間延長申請)
研究の概要 以前承認された研究で、研究期間の延長申請の為
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R10-026
申請者 7B看護師 最首 明子
一般病棟におけるデスカンファレンスの意味〜終末期ケアを振り返り〜
研究の概要 当病棟で実際に行っていた終末期看護ケアの方法を調査し、デスカンファレンスを実施することで自分たちの行った看護ケアを振り返り、デスカンファレンスが終末期看護ケアにつながる有効な手段であるかどうかを明らかにし、今後の終末看護をより良いものにする。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

このページのTOPへ