HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2009年度審議課題  >  第77回委員会審議平成22年3月1日:審議内容

第77回委員会審議平成22年3月1日:審議内容

申請者 消化器科 医長 田中 伸
R09-070 抗血小板剤クロピドグレル内服患者における上部消化管出血の調査研究(現状調査)
研究の概要 日本人におけるクロピドグレル内服患者における上部消化管出血および、その危険因子、治療法の実態を明らかにする。
判定 条件付き承認 申請書、調査シート、掲示文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 消化器科 医員 西澤 俊宏
R09-072 胆汁・膵液中の細菌由来DNA発現とmicroRNA発現による膵胆道系疾患マーカーの検討
研究の概要 膵癌や胆道癌をはじめとする膵・胆道系疾患の早期診断や病期決定につながる低侵襲かつ鋭敏な分子マーカーを構築することを目的とし、膵胆道系疾患に対してERCPを行った症例を対象とし、得られた膵液および胆汁中のマイクロRNAの発現プロファイルおよび細菌由来DNAの発現と臨床経過や組織所見との相関を検討する。
判定 条件付き承認 説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 血液内科 医師 横山 明弘
R09-073 ベクロメタゾン腸溶性製剤
研究の概要 ベクロメタゾン腸溶性製剤を内服薬として、同種造血幹細胞移植後の消化管移植片対宿主病の抑制を目的とした、医薬品として承認されていない物質を使用した院内製剤を用いることの審査。
判定 条件付き承認 申請書、説明書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 耳鼻咽喉科 医員 羽生 昇
R09-074 嚥下摂食障害患者に対する嚥下内視鏡検査の予後因子に関する臨床研究
研究の概要 嚥下障害患者に行った嚥下内視鏡検査で得られた検査所見が、予後因子としての肺炎の発症、経口摂取の改善度、の可能性を考える際の新たな指標となりうるかを検証する。
判定 条件付き承認 質問用紙等の修正を条件に承認された。

 

申請者 整形外科 医員 松崎 健一郎
R09-075 糖尿病における骨梁微細構造の解析を目的とした観察研究
研究の概要 2型糖尿病における骨質の変化として臨床用CT(MD-CT)を用いて海綿骨の骨梁微細構造の変化を明らかにし、2型糖尿病における骨折リスク増大の原因、および骨折の効果的な予防のための介入方法を解明する。
判定 条件付き承認 計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R09-071
申請者 内科 医長 大島 久二
膠原病における診断と治療効果に関する後方視的疫学研究
研究の概要 膠原病は患者数が比較的少ないため大規模研究が行いにくく、診断・治療効果は医師の経験に頼るところが多いのが現状であるため、診断と治療法を再評価して今後の治療法に活用する。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

このページのTOPへ