HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2009年度審議課題  >  第75回委員会審議平成21年12月7日:審議内容

第75回委員会審議平成21年12月7日:審議内容

申請者 耳鼻咽喉科 医師 矢島 陽子
R09-044R 切除可能進行頭頸部癌における治療後のQOLに関する臨床研究
研究の概要 手術可能なstage?・?の頭頸部扁平上皮癌患者を対象とし、一次治療として手術を行った患者と化学放射線治療を行った患者の間における治療後の健康関連および頭頸部癌関連のQOL評価を行い、治療法の違いによるQOLの差を比較検討する観察研究。
判定 条件付き承認 説明書、計画書、同意撤回書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 学校 助産学科 教員 モリソン 朋子
R09-048R 褥婦のドライテクニックの受容に影響を及ぼす因子
研究の概要 褥婦のドライテクニックの受容に影響を及ぼす因子を明らかにすることで、褥婦が抵抗なく受容できるようなドライテクニックの方法について示唆を得るためのアンケート調査。
判定 条件付き承認 説明書、申請書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 循環器科 医員 坂本 宗久
R09-052 本邦における心血管インターベンションの実態調査(J-PCI)
研究の概要 本邦における心血管インターベンションの全容を正確に把握することを目的とした、大規模データベース構築への参加。
判定 承認 説明書、同意撤回書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 外科 医長 大石 崇
R09-054 大腸がんにおけるKRAS遺伝子変異率の検討
研究の概要 本邦の大腸がんにおけるKRAS遺伝子の変異率を検討する後向き研究。
判定 条件付き承認 説明書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 内科 医員 保阪 由美子
R09-055 高齢者の尿路感染症治療において血液培養による細菌学的検査が与える影響についての検討
研究の概要 高齢者の尿路感染症について、血液培養が治療方針に与える影響について検討する目的で行う、後向き観察研究。
判定 条件付き承認 計画書、掲示文等の修正を条件に承認された。

 

申請者 歯科口腔外科 医長 大鶴 洋
R09-056 頭頸部がんに対する放射線療法における初期う蝕罹患状況調査
研究の概要 頭頸部がん患者において放射線治療法後のう蝕に対する発生の初期段階を把握するため、平野らの方法を用いてエナメル質の表面変化の発生状況を調査する観察研究。
判定 条件付き承認 計画書、説明書等の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R09-057
申請者 外科 医師 徳山 丞
胃癌術後補助化学療法(S-1)における抗癌剤感受性試験の検証
研究の概要 以前承認された申請で、研究期間の延長という軽微な変更であるため迅速審査とした。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-059
申請者 院長 松本 純夫
剖検人体に対する、剖検前死後画像診断の有用性に関する調査研究
研究の概要 剖検前死後画像診断の有用性を評価する目的で、剖検が予定されている遺体の画像診断を行って検討を行う多施設共同研究。国立病院機構中央倫理審査委員会で承認済みである。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-060
申請者 視覚生理学研究室長 室長 角田 和繁
市販型眼底カメラを用いた網膜色素褪色変化(ブリーチング)の解析
研究の概要 網膜色素褪色変化(ブリーチング)の解析をが市販型眼底カメラを用いて可能にするための正常人を対象とした研究。
判定 条件付き承認 説明書などの修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R09-061
申請者 消化器科 医長 高橋 正彦
「原発性胆汁性肝硬変」第14回全国調査
研究の概要 原発性胆汁性(primary biliary cirrhosis,PBC)の本邦におけるPBCの実態把握を行う、厚労省研究班による調査への参加。主たる施設の倫理審査委員会で承認済みである。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-062
申請者 聴覚障害研究室 室長 松永 達雄
難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究
研究の概要 研究期間延長という軽微な変更であるため迅速審査とした。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-063
申請者 整形外科 医長 横井 秋夫
人工関節置換術後の静脈血栓塞栓症の実態と予防に関する臨床研究
研究の概要 研究期間延長という軽微な変更であるため迅速審査とした。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

このページのTOPへ