HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2009年度審議課題  >  第74回委員会審議平成21年11月2日:審議内容

第74回委員会審議平成21年11月2日:審議内容

申請者 救命救急センター 医師 森 朋有
R09-008R 患者医師連名による終末期医療についての事前指示書の運用指針作成
研究の概要 【継続審査】 終末期医療における患者の自己決定権を擁護するため、患者と医師が連名で作成する、医師の指示としても機能する終末期医療についての事前指示書の運用指針等に関する審査。
判定 継続審査 本審議は、非常に重大な意味を持つ課題であること、申請者自身も、さらに具体的な手順等を決めてから再審査を希望することなどから、全員一致で継続審議と決定した。

 

申請者 消化器科 医員 西澤 俊宏
R09-045 ヘリコバクター・ピロリ三次除菌療法としての高用量ラベプラゾール+アモキシリン療法の有用性の検討
研究の概要 ヘリコバクター・ピロリ(H.pylori)三次除菌としてのと高用量ラベプラゾール+アモキシシリン療法の効果を検討する多施設共同介入試験。
判定 条件付き承認 計画書、説明書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 学校 助産学科 教員 永重 英子
R09-047 助産師に求められる受胎調節実施指導
研究の概要 妊婦の避妊についての知識や行動を調査することで、妊娠前の女性に対して助産師に求められる受胎調節実施指導の内容を明らかする目的の横断研究。
判定 条件付き承認 計画書、説明書、アンケート等の修正を条件に承認された。

 

申請者 乳腺科 医長 松井 哲
R09-049 「AI無効再発癌に対するクエン酸トレミフェン120mgの有用性の検討」
研究の概要 術後補助療法としてアナストロゾール、エキセメスタンまたはレトロゾールらのAI(アロマターゼ阻害剤(Aromatase Inhibitor):以下AI)を投与中または投与後に再発した閉経後乳癌患者に対するクエン酸トレミフェン120mg投与の有効性と安全性を評価する多施設共同研究。
判定 条件付き承認 説明書等の修正を条件に承認された。

 

迅速審査報告 R09-043
申請者 視覚生理研究室 室長 角田 和繁
網膜循環障害疾患における網膜電図に関する研究
研究の概要 以前承認された申請で、研究期間の延長という軽微な変更であるため迅速審査とした。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-046
申請者 呼吸器科 医長 小山田 吉孝
慢性壊死性肺アスペルギルス症(CNPA)に対するイトラコナゾール(ITCZ)の短期・長期の有効性、安全性の国内多施設共同研究
研究の概要 以前承認された申請で、研究期間の延長という軽微な変更であるため迅速審査とした。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-050
申請者 聴覚障害研究室 室長 松永 達雄
「難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究」に関する共同研究施設の追加
研究の概要 以前承認された申請で、共同研究施設の追加という軽微な変更であるため迅速審査になった。
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-051
申請者 統括診療部 部長 岩田 敏
国立病院機構 平成21年度指定研究
「新型インフルエンザA(H1N1)に対するインフルエンザHAワクチンの安全性の研究」
研究の概要 新型インフルエンザA(H1N1)ワクチン接種事業開始後の早期の段階で副反応発現割合等の状況の把握を行う、国立病院機構中央倫理審査委員会で承認された多施設共同研究。
判定 条件付き承認 迅速審査で、説明書の一部変更を条件に承認された。

 

このページのTOPへ