HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2009年度審議課題  >  第72回委員会審議平成21年9月7日:審議内容

第72回委員会審議平成21年9月7日:審議内容

申請者 臨床研究センター
聴覚障害研究室長
松永 達雄
R09-015 難聴のAuditory Neuropathy (聴神経障害)に関係する遺伝子解析研究
研究の概要  Auditory Neuropathyは、内耳の感覚細胞は正常に機能しているが、聴神経の働きが障害される疾患として、1996年に加我ら、およびStarらにより初めて報告された難聴である。日本におけるAuditory Neuropathyの遺伝的原因を解明し、遺伝子変異と臨床的特徴との関係を明らかにして、より効果的な遺伝子スクリーニング法の確立、診療、リハビリテーション、遺伝カウンセリングに役立てることを目的とする遺伝子解析研究。
判定 条件付き承認 R07-014として承認された課題で新たな遺伝子解析を行う為、遺伝子小委員会審査にて、申請書、説明書等の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 循環器科 医員 前淵 大輔
R09-019R 本態性高血圧患者に対するオルメサルタン及びアゼルニジピンのCAVIを用いた動脈硬化に対する影響の検討
研究の概要 動脈硬化改善効果が報告されているアンジオテンシン?受容体拮抗薬(ARB)であるオルメサルタンとカルシウム拮抗薬(CCB)のアゼルニジピンを用い、どちらの薬剤がより動脈硬化を抑制するかを検討する非盲検オープンラベルランダム化比較試験。
判定 条件付き承認 申請書、計画書、説明書、同意書等の一部修正を条件に全員一致で承認された。

 

申請者 臨床研究センター
聴覚障害研究室長
松永 達雄
R09-024 小児難聴の臨床的特徴の解析と診療への応用に関する調査研究
研究の概要 Auditory Neuropathy (AN)と蝸牛神経形成不全症(CND)に関し、ANの頻度、ANとCNDのそれぞれの疾患のサブタイプと臨床的特徴、そして各種の治療効果を明らかにすることを目標とする、小児難聴疾患患者に関する多施設共同の観察研究。
判定 条件付き承認 申請書、計画書、説明書等の一部修正を条件に全員一致で承認された。

 

申請者 耳鼻咽喉科
言語聴覚士
榎本 千江子
R09-026 人工内耳装用者の時間分解能と語音聴取能力の関係に関する研究
研究の概要 人工内耳における語音聴取の改善に寄与する要因を解明するために、人工内耳装用者の時間分解能を測定し、語音聴取能力との関係を明らかにすることを目的とする観察研究。
判定 条件付き承認 説明書の一部修正を条件に全員一致で承認された。

 

申請者 日本赤十字看護大学大学院
修士課程2年
小笠原 法子
R09-028 ストーマ保有者の心理的適応に関する要因
−他者との関係に焦点をあてて−
研究の概要 ストーマ保有者が他者に向けて自ら行う行為や他者から受ける言動と心理的適応との関係を明らかにする横断調査研究。
判定 条件付き承認 計画書、説明書、アンケート用紙等の一部修正を条件に全員一致で承認された。

 

迅速審査報告 R09-031
申請者 外科 医長 大石 崇
Stage?大腸癌に対する術後補助化学療法に関する研究第?相臨床試験
研究の概要 根治度Aの切除を受けたStage?結腸癌及び直腸S状部癌に対する術後UFT補助化学療法の有効性を評価する多施設共同のランダム化比較試験。(研究期間延長申請)
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-032
申請者 外科 医長 大石 崇
Stage?大腸癌おける分子生物・病理学的マーカーによる再発high-risk群とフッ化ピリミジン感受性群の選択に関する研究
研究の概要 Stage?大腸癌に対する術後補助化学療法に関する研究に参加する患者を対象に、予後予測因子の同定とUFT 補助化学療法の感受性規定因子(効果予測因子)の同定を行うための観察研究。(研究期間延長申請)
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-033
申請者 乳腺科 医長 松井 哲
閉経後乳がんの術後内分泌5年終了患者に対する治療終了とアナストロゾール5年延長のランダム化比較試験
研究の概要 閉経後乳がんの術後内分泌療法5年終了患者に対して、治療終了群とアナストロゾール5年延長投与群の、無病生存期間、全生存期間および遠隔無病生存期間などを評価する多施設共同研究。(研究期間延長申請)
判定 承認 全員一致で了承した。

 

迅速審査報告 R09-034
申請者 乳腺科 医長 松井 哲
乳がん患者の多目的コホート研究05
研究の概要 R08-006の被験者について、無記名自記式質問表を配布し、生活習慣、サプリメントなどの相補代替療法、心理社会的要因、緩和ケアなどの支持療法が乳がん患者の予後に及ぼす影響について調査する多施設共同研究。(研究期間延長申請)
判定 承認 全員一致で了承した。

 

このページのTOPへ