HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2009年度審議課題  >  第68回委員会審議平成21年5月11日:審議内容

第68回委員会審議平成21年5月11日:審議内容

申請者 救命救急センター 医師 森 有朋
R09-008 患者医師連名による終末期医療についての事前指示書の運用指針作成
研究の概要 終末期医療における患者の自己決定権を擁護するため、患者と医師が連名で作成する、医師の指示としても機能する終末期医療についての事前指示書の運用指針を作成する。
判定 継続審査 本審議は、非常に重大な意味を持つ課題であること、申請者自身も、さらに具体的な手順等を決めてから再審査を希望することなどから、全員一致で継続審議と決定した。

 

申請者 小児科 医員 後藤 美和
R09-009 軽度膀胱尿管逆流症(0-?度)の初回上部尿路感染症の乳幼児を対象とした抗菌薬非投与に関する多施設共同臨床研究
研究の概要 尿路感染症は、繰り返すと腎瘢痕を形成して腎機能の低下を来すことがある重要な疾患であり、軽度膀胱尿管逆流症(0-?度)をもつ児には、抗菌剤の予防投与がおこなわれてきたが、長期投与は耐性菌の発生や副作用を考慮した場合必要最小限にされるべきと考えられる。日本におけるより安全な尿路感染症のマネージメントを探るために、予防的抗菌薬投与を行わない方法について単群の多施設共同臨床試験に参加するものである。
判定 条件付き承認 説明書、同意書等の一部修正を条件に承認された。

このページのTOPへ