HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2008年度審議課題  >  第66回委員会審議平成21年3月2日:審議内容

第66回委員会審議平成21年3月2日:審議内容

申請者 薬剤科 主任薬剤師 西村 富啓
R08-052 全身麻酔手術後における転倒・転落におよぼす睡眠剤、精神安定剤の影響に関する検討
研究の概要 全身麻酔手術後における転倒・転落の発生リスクを検討し、睡眠剤、精神安定剤の影響を明らかにすることを目的とした後ろ向きコホート研究。
判定 条件付き承認 研究課題名の変更、掲示文書の修正・削除、責任者・窓口の表記を修正を条件に承認された。

 

申請者 救命救急センター 医師 阪本 奈美子
R08-055 死後画像撮影(Ai:エーアイ)について
研究の概要 最終画像診断としての画像情報を取得することによって、病状の進行度、治療効果の判定、死亡原因の特定などを行い、当院の医療の質の向上、院外死亡の死因解明に資することを目的とする死後画像撮影。(非研究課題)
判定 条件付き承認 申請書・説明文書等の修正・削除を条件に承認された。

 

申請者 眼科 医員 重安 千花
R08-056 TS-1(フッ化ピリミジン系経口抗癌剤)による角膜障害の発症リスク要因に関する研究
研究の概要 TS-1内服患者から涙液試料を採取し、5-FUの涙液中濃度やDPD活性を測定する。これらの解析によりTS-1によって角膜上皮障害が生じる機序の解明と、涙液試料からの、TS-1副作用発現リスクの予測可能性の検討。
判定 条件付き承認 説明文書・同意書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 統括診療部長 岩田 敏
R08-057 DPC導入施設におけるクリティカルパスを使った薬剤管理と患者アウトカムの測定による薬剤の適正使用に関して
研究の概要 DPC導入の国立病院機構施設のDPC資料並びにクリティカルパスを集計し、クリティカルパスの実施率、医療コストおよび患者アウトカムを測定し、施設間ベンチマークを行う多施設共同研究。
判定 条件付き承認 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ