HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2008年度審議課題  >  第61回委員会審議平成20年9月1日:審議内容

第61回委員会審議平成20年9月1日:審議内容

申請者 形成外科 医師 彦坂 信
R08-019R SF-1およびGOHAIを視標にした頭頸部再建術後QOLの評価
研究の概要 頭頸部再建術後のQOL(quality of life)を、調査票を用いて明らかにする観察研究。
判定 承認 全員一致で承認された。

 

申請者 8B病棟 看護師 齋藤 郁江
R08-029 精神疾患患者への作業レクリエーション前後の気分の変化
〜POMS短縮版を用いて〜
研究の概要 精神疾患患者への作業療法の一環として、作業レクリエーション前後の気分の変化を、POMS短縮版(Profile of Mood States)を用いて明らかにする研究。
判定 継続審査 研究方法についての記載が不明確のため、書類の再提出を待って審議を行う。

 

申請者 薬剤科 慶応義塾大学大学院
薬学研究科博士前期課2年
小野 麻里子
R08-031 リネゾリドの安全性・有効性に関する患者背景因子の検討
研究の概要 リネゾリド(LZD)の更なる適正使用を推進するため、LZDの副作用が生じる患者と生じない患者の背景因子の比較を行う観察研究。
判定 条件付き承認 申請書、掲示文書等の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 膠原病内科 医長 大島 久二
R08-032 ステロイドの副作用の診断・予測を目的とした血漿中アミノ酸組成プロファイルの研究
研究の概要 治療としてステロイドを服用する患者に対し、ステロイド服用前から服用開始後のある一定期間の末梢血における血漿中のアミノグラムを解析し、「ステロイド筋症」の発症リスクとの関連について検討する。
判定 条件付き承認 説明書の一部修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ