HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2008年度審議課題  >  第58回委員会審議平成20年6月2日:審議内容

第58回委員会審議平成20年6月2日:審議内容

申請者 泌尿器科 医長 斉藤 史郎
R08-015 前立腺癌密封小線源療法後の下部尿路症状に対するα1遮断薬(シロドシン)の臨床効果に関する研究
研究の概要 前立腺癌小線源療法後の排尿障害に対するα1遮断薬(シロドシン)の有用性をα1遮断作用を有さない前立腺肥大症治療薬エビプロスタットとを比較検討するランダム化比較試験。
判定 条件付き承認 計画書の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 循環器科 医長 樅山 幸彦
R08-016 冠動脈疾患に関連する危険因子、食習慣および動脈硬化バイオマーカーについての検討
研究の概要 心臓カテーテル検査施行例において、その後の心筋梗塞発症の有無や冠動脈狭窄の程度と動脈硬化危険因子、食習慣、さらに動脈硬化バイオマーカーとの関連性を明らかにすることを目的とする観察研究。
判定 条件付き承認 研究計画書、説明書、食習慣調査票の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 消化器科 医員 西澤 俊宏
R08-017 機能性ディスペプシア(Functional dyspepsia : FD)に対するRabeprazoleとplaceboの多施設共同無作為化二重盲検比較試験
研究の概要 機能性ディスペプシア(Functional dyspepsia : FD)に対するRabeprazoleの効果をplaceboとの多施設共同無作為化二重盲検比較試験にて検討する。
判定 条件付き承認 説明文、同意書、同意撤回書の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 診療部眼科・臨床研究センター視覚研究部
眼科医長・ロービジョン研究室長
野田 徹
R08-018 視野障害疾患におけるfMRI拡散テンソル画像検査:脳の神経線維の連絡についての研究
研究の概要 拡散テンソル画像検査を加齢性黄斑変性症と緑内障の症例群に施行し、白質の接続性を定量的に検討することで疾患病態のさらなる解明、従来の臨床検査では得られなかった予後を含む臨床情報を取得することを目的とする。
判定 条件付き承認 計画書、説明文の一部修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ