HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2007年度審議課題  >  第54回委員会審議平成20年2月4日:審議内容

第54回委員会審議平成20年2月4日:審議内容

申請者 脳神経外科 医長 中村 芳樹
R07-048 「悪性グリオーマの手術切除率向上のための蛍光誘導切除術の実施に向けて−蛍光色素:5−アミノレブリン酸(以下5−ALA)の使用」
研究の概要 悪性脳腫瘍の中でも頻度が最も多く、極めて予後不良な腫瘍である悪性グリオーマに対して、手術切除率向上のため、蛍光色素:5−アミノレブリン酸(以下5−ALA)を使用する臨床行為についての申請。
判定  条件付き承認 説明文書の一部修正を条件に、全員一致で承認された。

 

申請者 臨床研究センター 室長 尾藤 誠司
R07-049 「かかりつけ医師の特性と、患者が感じる全人性および提供されるケアの包括性との関連に関する比較調査研究」
研究の概要 プライマリ・ケア医療を主体とする医師・医療施設とより専門性の高い医療を主体とする医師、医療施設において、それぞれをかかりつけとしている患者が認識する提供された医療サービスに関する全人性および包括性を調査し、比較する。
判定  条件付き承認 申請書、研究計画書、調査表の回収方法の一部修正を条件に、全員一致で承認された。

 

申請者 循環器科 医師 前淵 大輔
R07-054 「動脈硬化に関連する危険因子、食習慣および動脈硬化バイオマーカーについての検討」
研究の概要 動脈硬化ドック受診者において、頚動脈エコーと血圧脈波検査を用いて動脈硬化の程度を評価するとともに、動脈硬化危険因子および食習慣をを詳細に調査し、それらの関連性を明らかにする。動脈硬化バイオマーカー、受診後5年間の心血管イベント発症についても調査する。
判定  条件付き承認 説明書、調査方法の一部修正と、研究期間の再検討を条件に、全員一致で承認された。

 

申請者 看護部 看護師 近江 麻理
R07-058 「前立腺癌ヨウ素125(I-125)シード線源永久留置法(小線源療法)を受けた患者の治療後の生活の変化の把握」
研究の概要 患者指導に役立てることを目的とし、前立腺癌小線源療法を受けた患者の日常生活の変化を把握、検討する調査研究。
判定  条件付き承認 説明書と調査票の一部修正を条件に、全員一致で承認された。

 

申請者 看護部 看護師長 樋口 裕子
R07-059 「看護職員の職務満足と今後の課題」
研究の概要 看護職員の職務満足度の現状を知ることにより、問題点を明確化し看護職員への意欲向上を図るためのアンケート調査。
判定  条件付き承認 調査票の一部修正を条件に、全員一致で承認された。

 

迅速審査報告 R07-050
申請者 臨床研究センター 部長 岩田 岳
「緑内障の症例データベース構築、DNA・血漿バンクの設立、遺伝子解析及び疾患バイオマーカーの探索」
研究の概要 当院を中心とする感覚器ネットワークを利用して、国立病院機構関連病院及び大学病院の緑内障症例情報を収集し、データベース化、DNAバンクを設立して緑内障患者の遺伝子解析を行う。
判定 承認 既承認課題の軽微な変更として全員一致で承認された。

 

迅速審査報告 R07-051
申請者 臨床研究センター 部長 岩田 岳
「遺伝性網膜疾患の症例データベース構築、DNA・血漿バンクの設立、遺伝子解析及び疾患バイオマーカーの探索」
研究の概要 当院を中心とする感覚器ネットワークを利用して、国立病院機構関連病院及び大学病院の遺伝性網膜疾患について症例情報を収集し、データベース化、遺伝性網膜疾患患者のDNA・血漿バンクを設立して遺伝子解析、疾患バイオマーカーの探索を行う。
判定 承認 既承認課題の軽微な変更として全員一致で承認された。

 

迅速審査報告 R07-052
申請者 消化器 医員 高橋 正彦
「C型代償性肝硬変に対するインターフェロン・β多施設研究」
研究の概要 C型肝炎代償性肝硬変患者に対するインターフェロン-β治療が肝硬変随伴症状の改善に与える影響を、ドップラー超音波検査、線維化マーカーなどを用いて検討する多施設共同研究。
判定 条件付き承認 主たる研究施設の倫理委員会で承認済の多施設共同研究として、説明書の一部修正を条件に、全員一致で承認された。

 

迅速審査報告 R07-053
申請者 循環器科 医長 樅山 幸彦
「64列マルチスライスCTを用いた冠動脈造影の予後に関する多施設研究」
研究の概要 冠動脈CTが冠動脈シネアンギオ検査と同様に冠動脈病変の診断に有用であるかを検討する目的で、同一機種の64例マルチスライスCTをもつ国立病院機構施設が行う多施設共同研究。
判定 条件付き承認 主たる研究施設の倫理委員会で承認済の多施設共同研究として、説明書の一部修正を条件に、全員一致で承認された。

 

迅速審査報告 R07-055
申請者 臨床研究センター 室長 尾藤 誠司
「結腸癌患者の術後QOL(生活の質)及び生活満足度に関する前向き調査研究
研究の概要 治癒切除可能な術前深達度T3、T4(多臓器浸潤除く)ステージ2、3の大腸癌患者の腹腔鏡下手術と開腹手術の患者間における短期的、中期的な健康関連 Quality of Lifeおよび生活満足度を比較検討する前向き調査研究。
判定 承認 既承認課題の軽微な変更として全員一致で承認された。

 

迅速審査報告 R07-056
申請者 薬剤科 科長 榛葉 哲男
「抗インフルエンザ薬服用後の症状変化に関する観察研究」関する審査申請
研究の概要 インフルエンザの診断で、新規に抗インフルエンザ薬の内服を開始した若年患者における異常行動及び健康への有害現象の出現頻度を明らかにする調査。
判定 承認 独立行政法人国立病院機構中央倫理委員会で承認済の多施設共同研究として全員一致で承認された。

 

迅速審査報告 R07-057
申請者 循環器科 医員 前渕 大輔
急性循環器疾患の重症度評価及び治療成績評価システムの開発と効果的運用
研究の概要 循環器病政策医療ネットワークに属する施設を対象とし急性心筋梗塞、脳卒中を症例収集し、解析を行う基盤を整備する多施設共同研究。
判定 条件付き承認 主たる研究施設の倫理委員会で承認済の多施設共同研究として、院内掲示文書の一部修正を条件に、全員一致で承認された。

 

このページのTOPへ