白内障手術
 眼の構造は、基本的にはカメラと同じです。景色は光線として眼にはいり、水晶体(レンズ)を通って眼底にピントを結ぶとそこに像が映ります。眼底に映った像が神経から脳に伝えられて「見える」のです。
目の加齢変化: 老視(老眼)と白内障
 水晶体(目の中のレンズ)は元々透明で弾力性の高い組織です。しかし、加齢変化により、だんだん「硬く」なり、「濁り」が生じてきます。水晶体が硬化すると、遠くから近くへのピントの位置の調節ができなくなります。これが老視(いわゆる老眼)です。
 水晶体の濁りが生じると、視覚が障害されてきます。これが白内障です。初めは黄ばんでくるだけで視力も落ちません。だんだん濁りが進んで、部分的にすりガラスのような混濁が混ざってくると、それによって光が散乱される効果が生じ、普段はよく見えていても、非常に明るいところや逆光線のような条件ではとても「まぶしく」、「見ずらく」感じられることがあります。これも初期の白内障の症状です。さらに濁りが強くなると、視力が低下してきます。
白内障手術
 白内障に対しては、混濁した水晶体を眼内レンズ(人工のレンズ)で取り替える手術を行うことで視力を回復することが可能です。特に、最近の超音波を使った手術技術の進歩により、小さな傷から、安全に、手術が行えるようになりました。
 白内障手術はとても安全性の高い手術ではありますが、やはり手術ですから100%絶対に安全ということはありえません。極めてまれではありますが、眼内炎(細菌感染)や眼内への大出血などの予期困難な合併症が生じることがあります。当科では、白内障手術をお受けいただくにあたっては、事前に、白内障の病態、手術の方法、合併症の可能性などを十分にご説明させていただきます。何よりも、十分なご理解を頂いた上での手術を心がけております。
 入院される患者様には、入院時に検査、手術のスケジュールをイラスト入りでわかりやすくまとめた計画書をおわたししております。
手術を受けるべき時期は?
 手術を受けるべき時期はいつか?という質問をよくお受けいたします。それに関しては、「ご自分の生活の中で感じられるご不自由の程度が最も重要な基準となる」とお答えしております。日々ご不自由を感じておられるのに、いたずらに手術を恐れる必要はありません。逆に、特別な場合を除けば、必ずしもすぐに手術をしなければならないということもありません。医師の意見を参考としていただき、手術の利点と危険をよく理解した上で判断していただくべきと考えます。