独立行政法人国立病院機構 東京医療センター 心血管・不整脈センター

心血管・不整脈センターの特色

冠動脈手術

【対象疾患】狭心症、急性心筋梗塞、冠動脈瘤
【手  術】冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス手術は、従来人工心肺を用いて心停止下に行われていましたが、人工心肺を用いないことのメリットを重視し、心拍動下の冠動脈バイパス術を行っています。ただし、より心臓やお身体に負担のないよう、心機能や他臓器の状態に応じて、適正な補助循環を用いる場合があります。
2014年度の単独冠動脈バイパス予定手術では全例オフポンプバイパスでした。また、バイパスに用いる血管のうち、大伏在静脈採取は内視鏡を用いて行っており、皮膚切開は1~2cmの2か所にとどめることができます。

内視鏡下大伏在静脈採取 オフポンプ冠動脈バイパス術

手術件数の推移

ページ先頭へ